白鳥大珠VS梅野源治

こちらも疎いのですがあくまでボクシング目線で感想を。ジャイアントキリングと聞いたのです。

それにしても最後だけみせないってえげつない演出だな。
亀田の時も最終回だけ有料だったな。払わないって。

ボクシングテクニックだけでいえばジャイアントキリングでもなんでもなく白鳥選手の方が上にみえます。スピードもパワーもコンビネーションも梅野選手より上です。これは同じルールなら再戦しても同じ結果になるのではないか。

梅野という選手はムエタイの第一人者のようだが、ムエタイ特有の組技あってこその選手なのではないだろうか、スピードだけでなく、ストレートやコンビネーション、ディフェンスでいえばパリングなど、そして何よりパワーが白鳥と全然違った。もっと言えば蹴り、特に前蹴りやカットも白鳥の方が上手いのではないか。

こんな漫画のようなストレート一閃はボクシングの世界ではなかなか決まらないものだし、再開後の一撃フィニッシュもボクシングではほとんどありません。それだけボクシングテクニックと勢いの差を感じる試合に写りましたよ。

ボクシングとキックでは色々と違うので一概には言えないが、白鳥という選手はボクシングもやってたそうで、その戦績をみると結構無名選手に負けている。直線的だし打たれ強さとか幅はあまりないのかもしれない。
ボクシングとは足の使い方も距離も違うので何ともいえない。

ことボクシングという視点でみればアップセットでもなんでもないよというのは、堀口恭司VS朝倉海の時と全く同じなのでありました。ボクシング経験のある若者とやる時はパンチ以外で勝負した方がいいですよ。もっとハードパンチャーがいっぱいいますよ新人王レベルでも。

あわせて読みたい

Get involved!

Get Connected!

コメント

コメントはまだありません