堀口恭司VS朝倉海

ボクシングじゃないからテキトーな視点になるけど

これは超アップセットなのだそうだ。

しかしボクシング好きの視点からすればこれはアップセットではない。
再戦があるとしても、堀口という選手はレスリングや寝技に特化した戦術に引き込む以外
再び厳しい結果になる可能性が高い。

プレッシャーとフェイントをかけて突っ込んでくる堀口に対し
朝倉という選手は内側からのショートカウンターを常に狙っている。
そして狙い通りドンピシャで当てた。

堀口という選手は体型的にみても、フィジカルが相当に強い選手だろうが
パンチは大振りフッカーだろう。筋肉の付き方からして脇の締まったストレートが打てるタイプにはみえない。
コンパクトなコンビネーションが打てるようにも見えない。

プレッシャー、フェイント、タイミング

一撃必殺の大振りフック、スイング系だ。

これに対し、朝倉という選手は完璧に対策できている。

ジャブで突き離し、ショートカウンター。

怯んだ相手に対する追撃も巧みで、休ませない。膝蹴りなどで逃げ場をなくし
トドメも必殺の右ショート。
パンチの軌道がボクサーのそれだ。

リングの使い方、大振りファイターに対する攻略法が完璧。

それに加え、堀口より若く伸びしろがあるという点を考慮すれば、その差は益々広がるのではないか。

たぶん、右の次、左フックやインからのアッパー、コンパクトなコンビネーションもまだ隠し持っているだろう。

あくまで、ボクシング寄りの意見。
堀口という選手のこれまでのキャリアに敬意を表せばこんなものではないのかもしれないが

こと、打撃スキル、ボクシング技術においては大きな差があるようにみえました。

あわせて読みたい

Get involved!

Get Connected!

コメント

コメントはまだありません